/

自民・丸山氏、大阪府知事選への不出馬を表明

「個々の方の都合でかき回された」

(更新)

27日投開票の大阪府知事・市長のダブル選挙に絡み、知事選への出馬の可能性が取り沙汰されていた自民党参院議員で弁護士の丸山和也氏(65)が1日午前、国会内で会見し、出馬を断念する考えを表明した。

自民大阪府連前会長の谷川秀善氏が10月上旬に丸山氏に出馬を打診していたが、同党大阪府議団は、大阪府池田市長の倉田薫氏(63)の支援を決定。丸山氏は断念理由について「現場というか個々の方の都合で適当にかき回された。そんなことならこの局面の中で打って出る必要があるのか。ばかばかしいという感じにはなった」と語った。

一方、自民府連幹部は1日「一部の国会議員の言動などで混乱はあったが、当初から、倉田氏の支援で府連から承認を受けていたと思っている」と淡々と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン