クリムトのアトリエを公開 ウィーン、観光の目玉に

2012/10/1付
保存
共有
印刷
その他

華麗で官能的な作風で知られるオーストリアの画家グスタフ・クリムト(1862~1918年)が晩年に愛用したウィーンのアトリエの一般公開(非公開日あり)が9月30日始まった。今年はクリムト生誕150年で、同国政府が当時の内装を忠実に復元、初日から美術ファンでにぎわった。

アトリエはウィーン西部の住宅街に立つ19世紀の石造りの一軒家で、クリムトは死去までの約6年間、肖像画「アデーレ・ブロッホ・バウアー…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]