/

大東大元学部長を詐欺容疑で逮捕 大学から教材費250万円

架空の領収書を使い、教材費名目で勤務先の大学から約250万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は1日までに大東文化大学の元環境創造学部長、篠原章容疑者(54)=東京都世田谷区祖師谷4=を詐欺容疑で逮捕した。同課によると、篠原容疑者は「領収書を作ったのは事実だが詐欺はしていない」と容疑を否認しているという。

同課は、篠原容疑者が詐取した金を高級レストランでの飲食代やホテルの宿泊代などに充てていたとみて調べている。

逮捕容疑は2005年4月上旬から同10月下旬ごろまでの間、教材用のパソコンソフトの購入代金の立て替え名目で架空の領収書計十数通を大学側に提出し計約250万円を不正受給した疑い。

同大の内部調査によると、不正受給の総額は約2千万円に上るとみられる。同大は昨年12月に警視庁に刑事告訴するとともに1月5日付で篠原容疑者を懲戒解雇した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン