/

日本人教授にイグ・ノーベル賞、鉄道整備に粘菌の知恵

ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」授賞式が9月30日、米マサチューセッツ州ケンブリッジのハーバード大で開かれ、公立はこだて未来大(函館市)の中垣俊之教授=愛知県出身=ら9人が「交通計画賞」を受賞した。

アメーバ状の単細胞生物「真正粘菌」が輸送効率に優れたネットワークを作るとの研究で、人間が鉄道網など都市のインフラ整備を行う際、粘菌の"知恵"を役立てるとした内容が評価された。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は4年連続。

他の共同受賞者は広島大の小林亮教授、科学技術振興機構さきがけプロジェクトの手老篤史専任研究員ら。中垣教授らは2008年に粘菌が迷路の最短距離を導き出すとした研究で同賞「認知科学賞」を受賞。事務局によると、同一人物の2回受賞は2例目。

中垣教授らは真正粘菌が餌に接触すると周囲にアメーバ状の体を集中させる性質に着目。関東地方の形の容器に主な鉄道駅に見立てた餌を配置した結果、粘菌が体を引き伸ばして作ったネットワークは実際の鉄道網より効率的な形だった。また、迂回(うかい)路が準備されているケースがあったりすることも判明した。(ケンブリッジ=共同)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン