犬にしか聞こえない音でドッグフードCM ネスレ
飼い主には栄養アピール

2011/10/1付
保存
共有
印刷
その他

犬が喜ぶ音を採用したという(ネスレ提供)

犬が喜ぶ音を採用したという(ネスレ提供)

食品世界最大手のネスレ(スイス)は30日、今秋から欧州の一部で犬に向けたテレビCMの放映を始めると発表した。傘下のドッグフード・メーカーのCMで、犬にしか聞こえない高周波音を使って自社製品を直接"消費者"にアピールする。犬の注意を引くことで、飼い主と一緒にCMを見てもらうことを狙う。

CM中では犬を呼ぶのに使う犬笛に似た音を流している。人間には聞き取りにくい高周波音で、専門家の助言を得て特に犬が喜ぶ音を採用したという。ネスレは「世界初の犬向けCM」と強調している。

ただ、「犬がCMを見て製品名を覚えることまでは期待していない」といい、最終的なターゲットはあくまで飼い主で、CMでは人間にも聞こえる音声でドッグフードのおいしさや栄養バランスの良さを訴えている。(ジュネーブ=藤田剛)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]