2019年8月25日(日)

苦節40年、地熱発電を夢見る町
エネルギーの明日へ(4)

(1/2ページ)
2013/6/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長く封印されてきた国産エネルギー、地熱発電。開発熱が沸々と高まっていると聞き、興味がわいた。

秋田県湯沢市の栗駒国定公園、小安地域。7月、出光興産などが掘削調査で2000メートルの穴をあける。2年ほど調べ、周辺の温泉への影響がなければ事業化に一歩進む。福島県の磐梯朝日、北海道東部の阿寒。国立公園の開発構想も多い。

■8割は国立公園

地熱発電は地下深くのマグマが生む熱水や蒸気を使う。太陽光や風力より…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

理解を深める関連記事


「規制 岩盤を崩す」 バックナンバーから

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。