/

この記事は会員限定です

TPP参加で農林水産業の生産3.4兆円減少 農水省が試算

[有料会員限定]

農林水産省が、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合、農林水産業の生産額が3.4兆円減るとの新たな試算をまとめたことが30日、わかった。従来はすべての国との関税をなくした際の減少額を4.5兆円と見積もっていたが、TPP加盟9カ国にカナダとメキシコを加えた11カ国に対象を限定。中国が対象外になり減少額は1兆円以上、縮小した。

新たな試算は民主党の経済連携プロジェクトチーム(PT)の要請に基づき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン