/

海洋安保協議で日印政府間に枠組み 中国の進出念頭

【ニューデリー=岩城聡】玄葉光一郎外相は30日(日本時間同)、インドのクリシュナ外相と首都ニューデリーで会談し、海洋安全保障を含む海洋問題やサイバーテロ対策について協議する政府間対話の枠組みを創設することで合意した。海洋進出を活発化させる中国を念頭に、両国が協力して対策を打ち出す方針だ。

玄葉氏は会談後の記者会見で「インドはシーレーン(海上交通路)上の要衝であり、日本とインドが協力することはアジアや世界の安定につながる」と強調した。海洋問題の協議機関は、両国の担当省庁の局長クラスによって構成される予定。日本の海上自衛隊とインド海軍は年内に、初の海上共同訓練を実施する予定だが、常設機関の設置でさらに中国をけん制する狙いがある。

また、インド国内でも対策の遅れが指摘されているサイバーテロや宇宙空間の利用について2国間の協議機関を設置し、国際的な規範作りにも両国が一致して取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン