/

この記事は会員限定です

監視委、証券会社を本格調査 相次ぐ増資インサイダー

[有料会員限定]

証券取引等監視委員会による相次ぐ課徴金勧告で、増資インサイダーを巡る幾つかの課題が浮かび上がった。増資情報はいずれも主幹事を務めた証券会社から漏れていた。法制度の課題もあり、海外ヘッジファンドの実態解明はこれからだ。市場の信頼回復に向け、監視委は証券会社などへの調査を進める。

監視委が3月以降に課徴金勧告したのは、国際石油開発帝石、みずほフィナンシャルグループ、日本板硝子の公募増資が対象。いずれも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン