/

この記事は会員限定です

競合も相乗り、LNG基地「共用」促す 経産省方針

[有料会員限定]

経済産業省は電力やガス会社が所有する液化天然ガス(LNG)基地を他の事業者が使いやすくするため、利用条件などを定めた指針をつくることを検討する。現在は基地を所有する事業者が独占的に使用しているが、他の事業者も使えるようになれば新規参入の促進や発電などのコスト削減につながるため。新型のシェールガスを輸入するのに必要な専用基地の共用を促す狙いもある。

経産省は今夏からガス事業制度に関する有識者会議で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン