茨城県住宅供給公社が破産申請 負債523億円

2010/9/28付
保存
共有
印刷
その他

茨城県の第三セクター、茨城県住宅供給公社は28日、水戸地方裁判所に破産を申請した。住宅供給公社の破産は全国で初めて。バブル期などに購入した土地の売却が進まず、地価下落で債務超過に陥っていた。負債総額は523億円。県は赤字地方債である「第三セクター等改革推進債」を381億円発行し、民間金融機関への返済などに充てる。

同公社は約490億円の借入金があるうえ、200ヘクタール超の土地も保有している。県は補助金などで支援してきたが、地価下落が続くなか、損失拡大を防ぐためには破産による解散が必要と判断した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]