/

この記事は会員限定です

TPP、各党の思惑接近 政府は米との事前協議急ぐ

[有料会員限定]

衆院選を控えた各党の環太平洋経済連携協定(TPP)に対する姿勢がほの見えてきた。「推進」や「条件付き反対」など公約の表現は違うものの、党首らの発言からは参加に前向きな"本音"が透ける。交渉参加国が来年中の妥結を目指すなか、日本は出遅れるほど不利になる。選挙後は政権の枠組みを問わず待ったなしの課題になると見越し、政府は早期の交渉参加に向けて米国と詰めの調整を急ぐ方針だ。

「1つは例外(聖域)にでき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン