/

関電、美浜原発断層の最終報告提出を延期

関西電力は28日、美浜原子力発電所(福井県美浜町)の断層追加調査の最終報告書について、3月末としていた原子力規制委員会への提出期限を5月末に延期すると発表した。3号炉付近の掘削調査の取りまとめに時間がかかるためで、規制委による現地調査も遅れる。大飯原発(福井県おおい町)についても敷地内の南側に大規模な試掘溝をつくるという追加調査計画を規制委に提出したと発表した。7月中旬をメドに調査結果をまとめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン