/

この記事は会員限定です

原発避難区域で太陽光発電促す 福島復興で政府方針

[有料会員限定]

政府は2014年度に実施する福島県向けの新たな復興支援策を固めた。福島第1原子力発電所事故の避難区域で太陽光発電を促す新制度をつくるほか、企業誘致の支援を拡充する。復興の遅れが目立つ福島での産業再生を急ぐ。総額は概算要求で860億円程度になる見通しだ。

浪江町や飯舘村など避難指示を受けている11市町村が対象。土地が荒れ農業などの再開は指定解除後も当面困難になる公算が大きい。政府はこうした土地を太...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン