/

この記事は会員限定です

輸出支える陰の主役「化学品」 シェール革命の余波

[有料会員限定]

経済指標が軒並み好転するなか、ただ一つ弱々しい数字が続くのが輸出だ。メーカーの生産拠点が海外に移転しているほか、電子機器を中心に日本メーカーの競争力が落ちたことが原因といわれる。これをかろうじて下支えしている陰の主役が化学繊維などの原料となる化学品だ。米国で進む「シェール革命」の余波で日本製の需要が高まり、アジアへの輸出を伸ばしている。

財務省が27日まとめた2013年の貿易統計によると、輸出は6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン