新築住宅促進の政策、見直しを 減税は中古に手厚く
米山秀隆・富士通総研上席主任研究員

2014/7/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家が増えるのは中古住宅の市場が成熟していないからだと指摘する専門家が多い。何が中古の流通を阻んでいるのか。住宅政策に詳しい富士通総研の米山秀隆上席主任研究員に聞いた。

――将来の空き家率を推計されたそうですね。

「2008年時点で全住宅に占める空き家は13.1%だったが、住宅着工や住宅の撤去がいまの水準のままでいくと28年には25%近くまで高まる。4軒に1軒が空き家になるということだ。7月中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

規制 岩盤を崩す バックナンバー

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]