/

この記事は会員限定です

規制 岩盤を崩す 新築住宅促進の政策、見直しを 減税は中古に手厚く

米山秀隆・富士通総研上席主任研究員

[有料会員限定]

空き家が増えるのは中古住宅の市場が成熟していないからだと指摘する専門家が多い。何が中古の流通を阻んでいるのか。住宅政策に詳しい富士通総研の米山秀隆上席主任研究員に聞いた。

――将来の空き家率を推計されたそうですね。

「2008年時点で全住宅に占める空き家は13.1%だったが、住宅着工や住宅の撤去がいまの水準のままでいくと28年には25%近くまで高まる。4軒に1軒が空き家になるということだ。7月中に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン