空き家把握、自治体に権限を いびつな税制が撤去阻む
宮路和明・衆院議員(自民党の空き家対策推進議員連盟会長)

2014/7/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き家の増加が深刻になっている。世帯が減って住宅が余ってきたうえ、空き家を撤去せずに放置したほうが固定資産税を抑えられるいびつな制度にも原因がある。空き家の撤去を進めるための法整備をめざす自民党の空き家対策推進議員連盟の宮路和明会長(衆院議員)に空き家の実態や現行制度の問題点を聞いた。

――空き家問題はどれだけ深刻なのでしょうか。

「総務省の2008年の調査で757万戸だった。ただ、これは入居者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

規制 岩盤を崩す バックナンバー

関連キーワード

電子版トップ



[PR]