/

この記事は会員限定です

汚染水漏れ、経産省が緊急対策 タンク強度向上検討

福島第1

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所で高濃度の放射性物質を含む汚染水漏れの問題が深刻化している事態を踏まえ、経済産業省は緊急の対応策の検討に入った。水漏れの拡大を食い止めるため、頑丈な工法に変えてタンクを建設する案を東電などと協議するほか、土壌汚染の防止策も急ぐ構えだ。国費による支援の拡大も視野に入れる。

23日に経産省が有識者を交えた汚染水処理対策委員会を開き、原子力規制委員会では更田豊志委員らが現地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン