/

この記事は会員限定です

東電が調達・発注見直し 競争入札4倍、1000億円削減

[有料会員限定]

東京電力は資材の調達や工事の発注方式を見直す。競争入札を4倍以上に増やすほか参加業者を増やしてなれ合いを排除し、年1.2兆円もの調達・設備費用を5年後までに1割減らす。原発の再稼働が遅れるなど経営環境が厳しさを増しており、外部の専門家主導で遅れていたコスト構造改革にメスを入れる。他電力にも同様の動きが広がる可能性がある。

東電は2014年3月期にまず170億円程度の調達・設備費を削減する計画で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン