/

この記事は会員限定です

JX系給油所、東北で6割再開 被災地なおガソリン不足

[有料会員限定]

東日本大震災の被災地向けのガソリン供給などが回復し始めた。石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーでは、東北6県にある系列給油所の約6割で営業が再開した。タンカーや鉄道を使った石油輸送も本格化している。ただ燃料の輸送量には限界があり、大震災で大きな被害を受けた地域に燃料が行き渡るまでには、さらに時間がかかる見通しだ。

JXエネルギーによると、東北6県にある約1200店の系列給油所のうち、21日時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン