/

この記事は会員限定です

赤字事業分離に税優遇 政府検討、再編統合後押し

[有料会員限定]

政府は赤字部門を分離し他社と統合した企業の法人税負担を減らす制度を作る。統合会社の株価下落に備えた準備金を費用として計上できるようにし、赤字事業の分離後に課税額が増えないようにする。同じ分野で多くの企業がせめぎ合う過当競争を是正し、国際競争力を高める狙い。政府は供給過剰が解消しない業界を公表。税優遇と合わせた枠組みで事業再編を促す。

経済産業省と財務省が税制優遇策の検討に着手した。今秋の臨時国会ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン