/

日豪EPA交渉、23日から第15回会合 豪キャンベラで

日本とオーストラリアの経済連携協定(EPA)締結に向けた第15回の交渉会合が23日から豪キャンベラで始まる。27日までの予定。前回会合から2カ月弱と交渉ペースは加速しているが、焦点の農業分野を巡る溝は大きく交渉は難航が予想される。豪州は牛肉、小麦、砂糖、乳製品の4品目の市場開放を求めているが、日本は慎重な姿勢を崩していない。

豪州国内には日豪EPA交渉の進展を日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加の条件と位置付ける見方がある。(シドニー支局)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン