市場、早期緩和見越す 長期金利9年9カ月ぶり低水準

2013/3/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大胆な金融緩和を掲げる黒田東彦総裁率いる日銀の新体制が発足するなか、21日の金融市場では長期金利が一時9年9カ月ぶりの水準まで低下し、日経平均株価も4年半ぶり水準に上昇した。市場は新体制を歓迎した格好だが、思惑先行の面もある。実際の政策が市場の期待に届かなければ、相場が逆方向に巻き戻す可能性もある。

債券市場では21日、長期金利の指標となる新発10年債利回りが一時0.58%と2003年6月以来の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]