/

東証、取引時間延長「11月21日から」 昼休みを短縮

大証、名証なども同時に実施

東証の斉藤社長は取引時間延長を11月21日から実施すると発表した(21日)

東証の斉藤社長は取引時間延長を11月21日から実施すると発表した(21日)

東京証券取引所は21日、株式の取引時間延長を11月21日から実施すると発表した。当初は5月9日から実施する予定だったが、節電対策のために延期していた。現在の現物株の取引時間は午前9時~11時と午後0時30分~3時。このうち前場の終了時刻を30分遅らせて午前11時30分にする。大阪証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所も同時に実施する。

東証株価指数(TOPIX)先物などデリバティブ(金融派生商品)の取引時間も、前場の終了時間を現物と同じく午前11時30分にするほか、後場の開始を現在の午後0時30分から午前11時45分に早める。夜間取引の終了時刻も午後7時から午後11時30分に変える。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン