/

経団連会長「日本の農業を成長産業に」

【シドニー=高橋香織】経団連の米倉弘昌会長は21日、訪問先のシドニーで会見した。オーストラリアが経済連携協定(EPA)交渉で日本の農産品市場開放を求めていることに触れ「日本は農業を改革していくことが大事」と述べた。企業の農業参画を促して農地の大規模化やコスト削減を進め「農業を成長産業にしたい」と語った。経団連代表団は同日まで豪州とニュージーランドを訪れ、両国首相らと会談した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン