/

汚染水対策募集サイトを開設 経産省

経済産業省は20日、東京電力福島第1原発の汚染水問題への対策を募る専用ホームページ(HP)を開設したと発表した。英語表記のコーナーも設け、海外からも提案を受け付ける。集めた提案を踏まえて年内に追加対策の全容をまとめる。HPのアドレスはhttp://irid.or.jp/cw/

汚染水をためるタンクの性能向上策、汚染水から放射性物質のトリチウムを取り除く技術など6分野で対策を募る。10月23日まで提案を受けつけ、同月2日には募集について説明会も開く。

1979年の米スリーマイル島原発の事故で、当局は海外の専門家からも広く知見を集めた。経産省にも海外の研究者やメーカーから照会が相次いでいた。

一方、約470億円の国費で開発する「凍土遮水壁」と「多核種除去設備」については、事業者の募集期限を9月24日から10月1日まで延長する。当初は日本語のみで受けつけていた提案書を、英語でも提出できるようにするためだ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン