2019年1月21日(月)

国管理の27空港、9割が赤字 12年度

2014/7/18付
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は18日、国が管理する27空港の2012年度の収支状況を発表した。国の一般会計からの繰り入れを考慮しない経常損益は、全体の約9割に当たる24空港が赤字だった。赤字空港は前の年度から1つ増え、空港を取り巻く環境がなお厳しいことを示した。

全体の赤字額は390億円で、11年度より約8%減った。格安航空会社(LCC)の新規就航で着陸料収入は伸びたが、東日本大震災で被災した仙台空港の復旧費などで営業費用が約9%増えた。

赤字額が最も大きかったのは179億円の羽田空港で、空港拡張に伴う償却負担や借入金の支払利息が圧迫した。民有地の借地料負担が大きい那覇空港は58億円、福岡空港は36億円の赤字だった。

減価償却費や支払金利を除いた収益力を測る指標でみると、羽田空港は666億円、新千歳空港は111億円の黒字だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報