2019年1月21日(月)

新・十六銀が業務開始 岐阜銀行を吸収合併

2012/9/18付
保存
共有
印刷
その他

十六銀行は18日、子会社の岐阜銀行を吸収合併し新たな業務を開始した。同日午前7時、システム統合のため3連休中に休止していたATMが稼働し、午前9時には各店で窓口業務も開始した。

新たな十六銀の預金残高は6月末時点の単純合算で4兆9765億円、貸出金残高は3兆7251億円。岐阜銀の岐阜県内32店は十六銀に統合する一方、愛知県内8店と桑名支店(三重県桑名市)は存続し、十六銀としては三重に初進出する。店舗網は5都府県(東京、大阪、愛知、岐阜、三重)で計155店となる。

開店前には岐阜市の十六銀本店で約500人の行員を前に、堀江博海頭取は「今日が新・十六銀行のスタートの日だ。行員は当行に対する期待や責任が重いという自覚をもってもらいたい」と述べた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報