三井住友カード、20代専用「ゴールド」発行

2010/9/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井住友カードは富裕層向けカード事業を強化する。最上位の「プラチナカード」ではホテルのスイートルームを半額にするなど内容を刷新。会員資格がなかった20代には専用の「ゴールドカード」を発行する。同業他社が年会費を下げた廉価版上位カードを相次いで発行するなかで、年会費はプラチナカードで5万2500円と据え置き、ゴールドカードは5250円とした。サービス内容へのこだわりの強い富裕層を囲い込む戦略だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]