敦賀原発の断層、追加で検証を 電事連会長

2013/5/17付
保存
共有
印刷
その他

電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長)は17日、日本原子力発電の敦賀原子力発電所(福井県)2号機直下にある断層の追加検証作業が必要だとの認識を示した。有識者会合で「活断層」と断定した原子力規制委員会に対し「科学的、技術的な見地から十分に議論し、改めて結論を出していただくようお願いする」と述べた。

日本原電は6月末まで独自調査を進める。八木会長は調査途中で規制委が判断したことは「大変遺憾だ」と語り、調査結果を踏まえてさらに議論を尽くすよう求めた。

高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県)の点検漏れは「(運営する日本原子力研究開発機構が)真摯に受け止め、しっかりと対処することが必要」と述べたうえで、「核燃料サイクルの確立は大変重要だ」と強調した。

7月施行の原発の新規制基準では同じ型式のプラントの同時審査など効率的な対応を規制委に求めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]