/

この記事は会員限定です

再生エネ、発電量の2割が限度

茅陽一・地球環境産業技術研究機構副理事長

エネルギーを問う 第1部 危機脱出の針路(2)インタビュー

[有料会員限定]

エネルギー技術に詳しい財団法人・地球環境産業技術研究機構(RITE)の茅陽一副理事長に、今後のエネルギー政策を巡る技術的な展望を聞いた。

――菅直人首相が言う原子力発電への依存度引き下げをどう評価するか。

「よくも簡単に、大変なことを言ったものだという印象だ。エネルギーには大きく分けて『安全性』『経済性』『供給安定性』『環境との両立』の4つの条件がある。これらを総合してエネルギー源の構成を考えるの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン