関経連会長に「TPP参加を」 シンガポール首相

2013/2/13付
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=平沢光彰】シンガポールのリー・シェンロン首相は13日、関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)と会談し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への日本の早期参加を要請した。リー首相は「TPPは太平洋の両岸から戦略的に連携する仕組み。日本は参加すべきだ」と述べた。

シンガポールでは3月にTPP交渉会合が予定されている。リー首相は「日本に農業や漁業で難しい問題があることは承知している」としたうえで、「TPPは経済交流の促進だけでなく、日本の安全保障にとっても重要な役割がある。積極的に取り組んでほしい」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]