/

この記事は会員限定です

規制 岩盤を崩す 空き家放置が合理的 新築優遇、人口減で裏目に

競争力そぐ足かせ(4)

[有料会員限定]

5月29日、東京都大田区の木造2階建ての古いアパートの前に人だかりができた。「代執行を開始」。大田区建築調整課の中山順博課長(61)が宣言すると、アパートを取り壊す作業員らが敷地に入った。

固定資産税6分の1

築46年の大和荘。10年以上前から誰も住まず、はがれた屋根板が隣家の庭に落ちるなどの被害が出ていた。再三、持ち主に対処を求めた区は結局、持ち主の同意を得ずに解体する強権発動に踏み切った。隣に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン