2019年1月23日(水)

再生医療 特許5年長く 最長25年に
政府が実用化後押し

2014/2/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は事故や病気で失った人体機能を取り戻す再生医療の特許期間を延長する方針を固めた。培養した細胞や神経などで通常より5年延ばし、最長25年とする。投資を回収しやすくして医薬業界に研究開発を促す。再生医療関連での国際規格の取得もめざす。欧米に遅れぎみの再生医療の実用化を後押しする。

13日から特許庁が有識者による検討会を開き、今春に結論を出す。今秋にも再生医療に関する特許法の施行令をつくり、延長を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報