/

この記事は会員限定です

大学にハローワーク窓口 就職支援へ500カ所に相談員

13年度から、地元中小など紹介

[有料会員限定]

厚生労働省は職業紹介・相談業務にあたる公共機関ハローワークの窓口を全国の大学に設置する方針を固めた。専門相談員が500カ所の大学に常駐し、学生の就職を支援する。大企業や有名企業に目を向けがちな学生に、優秀な人材を求める地元の中小企業やベンチャー企業を紹介することで新卒雇用を底上げする狙い。政府が6月にまとめる若者雇用戦略に盛り込み、来年度の設置を目指す。

政府、6月に若者雇用戦略
若者雇用戦略骨子案の主な内容
【雇用のミスマッチ解消】
  • 大学内にハローワークを設置
【機会均等・職業教育の充実】
  • 就業体験を広めるため自治体や学校、労使が連携して協議会を設置
  • 奨学金や授業料減免の推進
【キャリアアップ支援】
  • 産官学で実践的な職業教育を充実
  • 社会人の学び直しに対応した大学や専門学校の整備

政府の若者雇用戦略の柱に据える。このほかに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン