/

この記事は会員限定です

大証、FX市場を休止へ 売買伸び悩みで今秋にも

[有料会員限定]

日本取引所グループの大阪証券取引所は外国為替証拠金取引(FX)市場である「大証FX」を今秋にも休止する検討に入った。売買が伸び悩んでいることから、FX市場からいったん撤退する。ただ、世界の取引所は為替関連の金融派生商品(デリバティブ)を相次いで拡充している。大証は戦略を練り直したうえで、同分野への再参入を模索するとみられる。

FXは投資家が預けた証拠金の最大25倍の外貨を売買できる取引。大証FX...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン