/

この記事は会員限定です

「知財で稼ぐ」鮮明 5月経常収支、4カ月連続黒字

[有料会員限定]

財務省が8日発表した5月の国際収支速報によると、日本企業が特許などの知的財産権を使って海外から得た収入が4810億円と過去最大となった。海外生産の拡大で、日本の本社が海外子会社に特許などを貸して受け取る収入が増えた。ただ著作権に限ると収支は赤字だった。

国際収支のうち、海外とのモノやサービスの取引状況を表す経常収支は5228億円の黒字だった。黒字は4カ月連続だが、輸出の伸びが鈍り、黒字額は前年同月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り911文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン