/

この記事は会員限定です

柏崎刈羽原発「14年4月稼働」 東電、金融機関に提示へ

[有料会員限定]

東京電力は主な取引金融機関に対し、柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県)の再稼働時期を「2014年4月」と仮置きして説明する方針だ。これまでの仮定より3カ月後ずれするが、14年3月期は再稼働なしでも経常黒字を達成する方針も伝え、12月の新規融資に理解を求める。

週内の金融機関との会合で示す。東電は9月27日に原子力規制委員会に、再稼働に向けた安全審査を申請した。審査は半年程度かかるため再稼働時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン