/

この記事は会員限定です

非課税の私的年金創設 政府、金融分野で成長戦略

貯蓄から投資促す

[有料会員限定]

政府は金融・資本市場の活性化に向け、新たな私的年金の創設などを柱とする成長戦略をつくる。新年金は米国を手本に税制優遇措置を導入し、1500兆円に上る家計の金融資産を貯蓄から投資へと動かす。年内に報告書をつくり、来年末までに実施に向けた行程表をつくる。金融面で起業や再編を促すほか、アジア進出も後押しする。1998年の金融ビッグバン以来の改革を目指す。

麻生太郎副総理・財務・金融相の下で11日に「金融...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン