/

この記事は会員限定です

日本の不都合な真実、目隠ししたのは誰か

編集委員・滝田洋一

[有料会員限定]

グローバルに市場が荒れ模様になるなか、投資家のアンカー(いかり)になった資産がある。米独そして日本の国債である。ならば国債への志向は盤石なのだろうか。

グローバル市場の混乱
13年5月~14年1月~
引き金バーナンキFRB議長の量的緩和縮小示唆米景気指標の振れ、アルゼンチンの通貨不安
中国経済の減速、「影の銀行」中国経済の減速、「影の銀行」問題
新興国経常赤字国でトリプル安経常赤字国の通貨安に選別色
米  国株安、長期金利上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン