/

この記事は会員限定です

市場が「最大野党」、アベノミクスの浮沈かかる

編集委員・滝田洋一

[有料会員限定]

今週はアベノミクスの浮沈を賭けた1週間となる。10~11日に日銀は金融政策決定会合を開き、14日の閣議で成長戦略や骨太方針を最終決定する。今や「最大野党」となった株式、為替市場を落ち着かせるには、政権の意思と行動が問われよう。

日経平均株価は先週、1万3000円を下回ったが、土俵際として意識される水準がある。1万2397円と1万1883円だ。前者は今年3月期末の株価で、ここを下回ると新年度に入って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン