/

原発ゼロ「具体化難しい」 資源エネ調査会委員長

経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の三村明夫委員長(新日鉄住金取締役相談役)は7日、都内で記者団に対し、民主党政権下で昨年9月に決まった「2030年代に原子力発電所の稼働ゼロを目指す」というエネルギー・環境戦略について「具体化は難しい」と述べた。「委員会として政府に不明な点の確認を求めたまま、政権交代した」と指摘した。

同委員会は11年10月に設置され、原発依存比率について3つの選択肢の原案を作成。また政府が決めたエネルギー・環境戦略に基づいて、中期的なエネルギー政策を議論する役回りだった。今後の同委員会の運営については「政権が代わり人選を含め変更がある可能性がある」として、新政権からの指示を待つ考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン