/

この記事は会員限定です

日本郵便、メガ物流局20カ所新設 宅配便を集中処理

ネット通販取り込む

[有料会員限定]

日本郵政グループの日本郵便は東京ドーム級の広さの大規模な「メガ物流局」を全国20カ所に新設する。2018年度までに約1800億円を投じ、郵便や宅配便の区分け作業を同局で集中処理し、配達にかかる時間を短くする。07年の民営化後で本格的に物流網を再編するのは初めて。手紙など信書の配達からインターネット通販の普及で成長が見込める物流企業への転換を打ちだし、先行するヤマト運輸や佐川急便を追走する。

日本郵...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン