/

この記事は会員限定です

原発防災指針、「原発の地元」30キロ圏へ拡大 再稼働に影響

[有料会員限定]

原子力規制委員会が原子力発電所の防災指針の対象地域を従来の8~10キロメートル圏から30キロメートル圏に広げたことで、原発の新設や再稼働に微妙な影響が及び始めた。原発の「地元」の範囲が広がり、電力会社はより多くの自治体の理解を得る必要が出てくる。一方で政府は自治体を説得する責任から逃げており、原発再稼働のハードルが大幅に上がる可能性が出てきた。

規制委は3日、原発事故が起きた際の住民の避難区域を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン