/

この記事は会員限定です

中国、安定優先し通貨高避ける 10年人民元弾力化

[有料会員限定]

中国では、日本が政策対応で過ちを犯し、長期停滞を招いたとの認識が深く浸透している。6月に人民元の弾力化に再び動いた際も「日本がなぜ間違ったかを徹底的に洗い直した」(中国政府関係者)という。

政府直属のシンクタンク、中国社会科学院が今春にまとめたリポート。「1985年のプラザ合意では円と西ドイツ(当時)のマルクが標的になり、両通貨は共に急騰した。にもかかわらずその後の日独経済の運命に天と地ほどの差が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン