日・モンゴルEPA、9月に大筋合意へ
鉱山権益で優遇

2013/8/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本とモンゴル両政府は9月、経済連携協定(EPA)の締結で大筋合意する。EPAには日本企業がモンゴルで取得した石炭や銅の鉱山の権益を将来にわたって確保できる優遇策のほか、モンゴルが追加の輸出税によって鉱物資源の貿易を制限することを禁じる規定を盛り込む。

安倍晋三首相が9月に来日するモンゴルのアルタンホヤグ首相と会談して合意する予定。日本は13カ国・地域とEPAを締結済みで、モンゴルは14番目とな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]