米「財政の崖」回避、2月に再びヤマ場

(1/2ページ)
2013/1/2 23:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=矢沢俊樹】米国は財政の崖への転落を土壇場で免れた。ただ、財政再建を進めるうえで「増税」と「歳出削減」のどちらに比重を置くのか原則論の与野党対立は根深い。歳出の強制削減や米国債発行枠(債務上限)の引き上げなど先送りされた問題を巡り、改選後の新議会が2月下旬にも再び深刻な党派対立に直面する恐れがある。

「歳出削減が不十分。上院で可決した合意案を私は支持しない」(下院共和党ナンバー2のカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

「財政の崖」を読み解く


日本株はどう動く

電子版トップ



[PR]