2019年9月22日(日)

英語の社内公用語化 楽天・野田氏とアクセンチュア・程社長が議論
創論

(1/2ページ)
2011/12/18 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 日本企業が経営のグローバル化を模索している。インターネット通販大手の楽天は、社内の会議で使う言語を英語に統一した。世界での競争を視野に入れた取り組みだが、生産性低下を招くとの見方もある。楽天の野田公一執行役員と、慎重論を唱えるコンサルティング大手アクセンチュアの程近智社長に話し合ってもらった。(文中敬称略)

ビジネスの舞台は世界

――楽天が英語を公用語にするのはなぜですか。

野田 楽天は日本人が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

英語の公用語化に関する読者のご意見

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。