/

この記事は会員限定です

農業ファンド法案、国の関与強まる 実効性に疑問の声

[有料会員限定]

農林漁業者が食品加工や販売分野に進出するのを支援する官民ファンド法案が2日、衆院で可決、参院に送られた。従来の補助金ではなく、民間の資金やノウハウを使って農業の競争力強化をねらう試みだ。ただ国会審議の過程で国の関与を強める規定が盛り込まれ、実効性に疑問の声もあがる。「骨抜き」を避けるための運用面の対応が焦点となりそうだ。

「農林漁業成長産業化支援機構法案」では、国と民間企業が320億円を出資(一部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り601文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン